ホーム>豆冨工房のこだわり>感謝の家の豆腐作り
豆冨工房のこだわり

感謝の家の豆腐作り

豆腐作り1

軽く水洗いをした後に佐賀産大豆を水に浸します。

冬場 約15時間

夏場 約12時間

 

豆腐作り2

※生大豆を水に浸すと水を吸い込み約3倍の大きさに成ります。

 

豆腐作り3

水を吸い込んだ大豆をミキサーにかけ練り状の呉にします。
(この時、足し水を入れ豆乳(最終的には豆冨)の濃度が決まります。)

※足し水の量で濃い豆乳、薄い豆乳となります。

 

豆腐作り4

大豆の呉を蒸気釜に入れ120℃のスチームで圧力をかけ5分から10分蒸します。

 

豆冨作り5

煮えあがった大豆の呉を遠心分離機で絞り「おから」と「豆乳」に分けます。

 

豆冨作り6

この作業を2回します。

2度漉しすることにより豆乳の中の小さなおからも取り除き純粋な豆乳にします。

 

豆冨作り7

更に目の細いシルクの布が豆乳を投入を漉しとても純粋な豆乳に仕上げます。

 

豆冨作り8

絞った豆乳にの温度が70℃の時に天然苦汁を打ち込み豆豆冨にします。
(約5秒以内で60ℓの豆乳に苦汁を全体に拡はんします。これが、手造豆冨の職人の技です。)

 

豆冨作り9

苦汁を投入した後やく20分後に固まり始めた豆冨を平らな「おたま」ですくって容器にい入れます。

 

豆冨作り10

生豆腐角皿600g入の容器に

 

豆冨作り11

生豆冨タケざるの器に

 

豆冨作り12

容器に入った豆冨を再加熱殺菌や防腐剤や、アルコール液も加えず冷蔵庫で熟成が始まります。